恋人いない歴=年齢の女子大生がブログを始めたらこうなった。

恋愛・その他思ったことを好きなように。写真は本人ではありません。

「彼氏が欲しい」の一言に込められた意味とは

彼氏が欲しい。

 

最近になって気づいた。

もはやこれは私の中で口癖であって、本当に欲しいのかと言われれば必ずしもそうではないらしい。


そもそもこの「彼氏が欲しい」という一言にはあらゆる意味が込められている。

あくまで私の意見ではあるが。

 

異性なら何でもいいわけではない。辛い思いをするくらいなら最初から彼氏はいらない。

あくまで私の「彼氏欲しい」は好みの容姿(身長175cm以上の色白塩顔)・好みの性格(天使みたいな優男)・価値観が合うエトセトラ……

これらの条件を満たした上で、向こうも私と同じように私のことを好きでいてくれて、相手の欠点も受け入れられて毎日ときめいて過ごせる彼氏が欲しいのである。

 

いや、いるわけないじゃん。

 

自分でも分かりきっている。きっと長年夢を見すぎているため、おおよそ現実からはかけ離れた理想を持ってしまっているのだ。

 

二次元のキャラにときめき、ときたま我に返り虚無感を味わうも満たされた毎日を過ごしていた私は、結局のところ本当の意味で彼氏が欲しいと思っているわけではない気がする。

多分、「彼氏欲しい」を意訳するならば「今の状況に変化が欲しい」と同じような意味なのだと思う。

つまるところ、現状に満足したら彼氏が欲しいとは思わなくなるわけだ。きっと。多分。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村