恋人いない歴=年齢の女子大生がブログを始めたらこうなった。

恋愛・その他思ったことを好きなように。写真は本人ではありません。

そもそもなぜ二十年間一度も恋人が出来たことがないのか自己分析

小学生の頃は『ちゃお』とかを読んで「私も高校生になったら彼氏が出来るんだな」って漠然と思ってました。

なにもしなくても、彼氏って、自然と出来るものだと、思ってました。

……現実って厳しいですね。

今では街を歩いているアベックを見ると「すごいな付き合えて」って内心驚いてしまうほどです。

だって知らない他人同士がお互いを好きになって、一緒にいることを望むってすごくないですか。どんな確率だよって思いますよ。私からすれば。

恋人がいる人はどうかそれを当たり前だと思わず奇跡だと思ってください。

そして人目につくところでいちゃいちゃしないでください。

 

さて、そんな私はなぜ生きていて一度も恋人がいないのかをよく考えます。

別に男性が嫌いというわけではありません。

あれこれ考えて結局たどり着く答えは

「環境」

なんですよね。

あ、今「顔」とか「性格」とかじゃないの?と思った方は足の小指をぶつける呪いをかけておきます。

それもまぁあるとは思います。

が、それ以前にまず異性と知り合う環境ではないことが問題なんだと思います。

いくら顔や性格が良くても異性と接する機会がなかったら意味ないですしね。

 

女子校に10年間通っていて、幼少期は引っ越しも多かったため地元がない私は、見事に異性と接する機会が絶たれているんです。

サークルは当時ぼっちで友達がおらず、かといって一人で入る勇気もなかったので入れませんでした。

ちなみに面白いことにバイト先も女子率が非常に高いところに勤めてしまうんですよね。むしろ私が女子を欲しているのではないかというほどに。

女同士で居心地が良いのは本当ですしね。

 

とにかく、今の状況から抜け出して恋人をゲットするには自分から異性と接する機会を作らなきゃいけないわけですが、異性と接する機会ってなんだ?ってまずなるんですよ。

サークルは今さらだし、バイト先は女子ばっかだし…類は友を呼ぶとはまさにこのことで数少ない友人も男友達が居るような子はいないですし。

残る選択肢って合コンくらいしかないじゃないですか。

合コン、合コンって。偏見ですがパリピが王様ゲームやってるイメージしかないです。

そうなると

「えーそこまでするんだったら今のままでいいや」

と思ってしまうんですよね。もうここで駄目な感じがします。自分でも思います。

でも自分から合コン行くって恋愛に貪欲な感じしませんか。がっついているというか。変にプライドが高い私はそう思ってました。

 

そんなわけで恋人ができない理由が何となくわかっても、自ら行動し解決しようとしなかった私は、大学入学から青春らしきことを全くせず二年間過ごしてきました。

しかし、最近少しだけ考えが変わったんです。

 

多分次の記事につづく

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村